パナライフ

パナライフグループ Panasonic
サイトマップ
☆ 「家まるごと、ご相談承ります。」をテーマに、電気屋が結集した「プロ」集団です ☆
 トップページ > デジタル放送関連

デジタル放送関連

地上波のアナログテレビ放送が始まって50年の年月が過ぎ
2011年7月23日 地上デジタル放送に切り替わりました。一部難視聴地域があるようですが
移動体形式の受信機で「ワンセグ」放送も視聴できます。

今 時代は衛星を使った放送も含めてデジタル放送へと変わっています。
より鮮明な高画質、高音質で一部には立体的な映像を視聴する「3D」放送が流れています。
テレビは見るだけではなく、通信機能を利用して使って楽しむテレビへと進化しています。
つまり、同じコンテンツをインターネット経由で提供されたり、環境が設備されれば自宅テレビで
受信した内容を自分のモバイル機器に転送視聴する事が出来るようになるでしょう。

放送がどうなるかはさておき、テレビ自体も 4Kが視野に入ってきました。

今から この環境はどうなるのでしょう
      アナログ放送は停波しました。デジタル放送は進化を続けます。
     
    BSデジタル放送では、平成24年12月1日現在HD28番組 SD1番組 合計29番組の放送が

    行われています。従前来の放送に加えて有料放送が増えました。

     110度CS放送も色々な変遷を経てきましたが、スカパートの呼び方が下図のように変わりました。
    
     また SDからHDへと品質の向上が図られています。

      放送方式変更に伴う プレミアムサービスの標準画質放送の終了について
      プレミアムサービス Ch100番 200番(一部例外) 300番 700番 900−917番については終了し
      新規契約 再加入も13年5月31日で受け付け終了
      現状で 標準画質チューナーで視聴されていて、引き続き契約を継続の方にプレミアムチューナーを
      無償で提供されるなどのことについては、ほかのことも含めてカスタマーセンターへお問い合わせください。
このページで紹介する内容です。タイトルをクリックしてください
放送に使われる衛星   衛星放送に使われている静止衛星の概略
衛星放送受信には 衛星放送受信のための概略
地上デジタル放送関連 関連サイトへのリンクと概要
BSラジオ放送とデータ放送 BSデジタル放送のあまり知られていない一面の紹介とリンク
デジタル放送受信設備 一般的なアンテナ設備の説明です
地デジ放送スケジュール 広島県内の中継局別、放送開始スケジュール
ワンセグ放送 ワンセグ放送のしくみと概略
Copyright (c) 2000-2016 パナライフ. All rights reserved
このホームページに関するお問い合わせは こちら までお願いいたします。