パナライフ

パナライフグループ Panasonic
サイトマップ
☆ 「家まるごと、ご相談承ります。」をテーマに、電気屋が結集した「プロ」集団です ☆
 トップページ電気料金の話 > エコノミーナイト(時間帯別電灯)

電気料金の話

エコノミーナイト(時間帯別電灯)

電灯と、電気温水器の使用量をまとめて、昼間と夜間で、電気料金に違いが有ります
従量電灯の適用範囲にあたるご家庭で、昼間時間(午前8時〜午後11時)から、夜間時間(午後11時〜翌午前8時)へ負荷移行が可能で、需要家様の希望される場合に適用される契約種別です。
需要家様の希望により選んでいただく料金制度です。
現在の電気料金に比べ、夜間はぐっと割安に、昼間はやや割高になりますので、夜間の使用量が多いご家庭ほど料金がお安くなります。
夜間時間帯になると、すべての電気製品が夜間料金でご使用になれます。
夜間の電気の使用比率を高める工夫をすることにより、お得になります。
料金区分 単位 料金単価(税込み)
基本
料金
最初の10kVAまで 1契約 1,188.00円
10KVAを超える料金 1kVA 399.60円
電力量
料金

最初の90kWhまで 1kWh 21.81円
91kWh〜220kWhまで 1kWh 28.85円
221kWh以上 1kWh 31.09円
夜間 1kWh 10.02円
マイコン型夜間蓄熱式機器割引額 1kVA 140.40円
5時間通電機器割引額 1kVA 194.40円
最低月額料金 1契約 410.40円
※昼間は従量電灯Aの料金に比べ約10%割高になります。
※夜間は従量電灯Aの料金に比べ約70%割安になります。深夜電力Bの料金単価と同じです。
※夜間蓄熱式機器(電気温水器など)のご使用がなくても,ご契約できます。
使用料金のモデル計算へ
もっと詳しい内容は、中国電力へ  中国電力の、2014年6月現在の資料を参考(燃料調整費別)
Copyright (c) 2000-2016 パナライフ. All rights reserved
このホームページに関するお問い合わせは こちら までお願いいたします。